Be a Blender. 味覚を澄ます、本物の酒づくり。
JP / EN
     

TOPICS

  • 2021.04.21

    「令和3年 熊本国税局酒類鑑評会」にて「七窪」が優等賞を受賞。<記事を読む>

  • 2021.04.15

    NHKラジオ 「ラジオ深夜便」にて弊社代表が紹介されました。<記事を読む>

  • 2021.04.08

    FLASH(光文社)にて弊社商品が紹介されました<記事を読む>

克 限定ラベル
PICK UP

克 限定ラベル

克とは「己に勝つ」を意味します。克を飲むことで縁起を担ぎ勝利を目指す、まさに勝利の象徴のお酒です。(定番の克赤ラベルの特別限定ラベル)
「令和3年 熊本国税局酒類鑑評会」にて「七窪」が優等賞を受賞。
PICK UP

「令和3年 熊本国税局酒類鑑評会」にて「七窪」が優等賞を受賞。

弊社代表銘柄「七窪」が令和3年4月20日に開催された「熊本国税局酒類鑑評会」本格焼酎部門において、優等賞を受賞いたしました。甘藷(コガネセンガン・減圧)部門においては出品酒で弊社「七窪」のみの選出でした。 酒類鑑評会は、本格焼酎の主要生産地である熊本県・鹿児島県・宮崎県・大分県を管轄下に持つ熊本国税局が毎年開催している本格焼酎と清酒の鑑評会。今年は本格焼酎部門に461点が出品されました。 日頃より七窪をご愛飲頂いている皆様方をはじめ、本商品に関わる全ての皆様のおかげでに名誉ある評価を頂けた事を心より深く感謝申し上げます。 これからも皆様に評価頂ける美味しい焼酎造りに一層精進...
「令和2酒造年度 鹿児島県本格焼酎鑑評会」で優等賞受賞
PICK UP

「令和2酒造年度 鹿児島県本格焼酎鑑評会」で優等賞受賞

この度東酒造は本格焼酎の品質・技術の更なる向上を図ることを目的に毎年開催されている「令和ニ酒造年度 鹿児島県本格焼酎鑑評会」において「本格焼酎七窪」が優等賞を受賞いたしました。 日頃より七窪をご愛飲頂いている皆様方をはじめ、本商品に関わる全ての皆様のおかげでに名誉ある評価を頂けた事を心より深く感謝申し上げます。 これからも皆様に評価頂ける美味しい焼酎造りに一層精進してまいります。引き続きよろしくお願い致します。
BS TBS 美しい日本に出会う旅
PICK UP

BS TBS 美しい日本に出会う旅

BSTBS 美しい日本に出会う旅 1月13日(水曜) 夜9:00~ 昨年放送されましたBS TBS 「美しい日本に出会う旅」が再放送されます。 鹿児島を旅した同番組で薩摩の郷土料理「酒ずし」が紹介され弊社社長が調理して、振舞う様子(女子会)が紹介されます。 酒ずしには弊社の灰持酒(あくもちざけ)が欠かせません。 火入れせずに保存性を高める1300年の歴史のある醸造方法にこだわり完全生酒で仕上げたことにより「酵素」が活きており、その酵素の力で素材の旨みを引き出す機能性を持つ万能料理酒です。 ナレーションは俳優の瀬戸康史さん。 是非ご覧下さい。 http...
Little Kiss<br>完熟きんかん梅酒
PICK UP

Little Kiss
完熟きんかん梅酒

太陽をたっぷり浴びて樹上完熟により育てられた金柑 『黄金丸』をペースト状にし、最高級の紀州南高梅仕込みの梅酒に漬け込み仕上げました。 清々しい香りとビタミンC豊富で甘みもしっかり詰まった完熟金柑と南高梅の複雑な酸味一体の味わいは何杯でも自然に飲める感覚です。定番のロックや炭酸割に留まらず、バニラアイスに振りかけてデザート感覚でも味わえる、楽しみ方無限の新感覚リキュールの誕生です。
Little Kiss (珈琲)
PICK UP

Little Kiss (珈琲)

焼酎LOVES珈琲。希少な国産コーヒー豆を一部使用。独自技術の遠赤外線で焙煎したコーヒー豆を米焼酎と伝統の地酒で仕上げました。和珈琲ならではの風味や旨みを感じられるオリジナルリキュールです。
黒酒
PICK UP

黒酒

灰持酒の発酵方法をさらに進化させ、アミノ酸や有機酸を「高砂の峰」の約2倍含みます。火入れせず、天然木の灰汁(あく)で日持ちさせる古き伝統の製法で造られます。そのため活きた酵素が食材の旨みを引き出し、味に深みを与えます。特に食品加工の前処理や調味、タレ、つゆなどの素材としても広く使われています。
七窪
PICK UP

七窪

風が吹き、空を染め、雨となり、幾年も繰り返された自然の営み……天からの恵みは、大地を包み、すべてを潤し、シンシンとカルデラのシラス台地にしみ込んで、新たな命となり、七窪大重谷に湧きいでる。この湧水を用い、独自の熟成方法により、丹精込めて造り上げました。芋本来のもつ旨味が活きて、まろやかでコクがあり、サラリとした喉ごし、酔いざめさわやかな焼酎です。 この七窪は価値ある逸品です。東酒造は、蒸留酒に欠かせないこの豊かな”ひと滴”とその喜びに感謝しておごることなく形にしました。